子供の運動不足が問題視される理由は、大人と違って子供は成長過程にいるからなんです。
大人はもう成長しないので、健康維持などには自己管理がしっかりできていれば健康でいる事は難しいことではありません。
子供の場合は違います。成長するという事は、いまの身体から大きくなります。この大きくなるのは、身長や体重といった見た目でもわかる部分もあります。
成長するのに、骨の骨格も形成されていくんです。よく、子供の頃に牛乳飲まないと大きくなれないなんて事を言われていたと思います。子供の成長には、骨の成長も必要な事を意味しているんです。
骨は、カルシウムなどを摂取する事で強くするといわれます。成長期の時に、自分の身体を支えれる筋力も必要になるんです。

外で適度に遊ぶことや部活動などで、運動をしている子供と何もしてない子供では骨に違いがあるそうです。成長期において適度な運動というのは必要な事だと思います。
運動もやりすぎても、怪我などの可能性も出てきますのでそこは注意が必要かもしれません。
強い部活動などや本人がやりたいと思うことは、おもう存分やらせる方がいいと思います。自分の身体を知るいいきっかけかもしれません。

成長期の子供に増加傾向にあると言われているのは、肥満傾向です。肥満と聞くとおじさん体型を浮かべるでしょう。肥満とはお腹がでている、太っているだけでなく、隠れ肥満というのもあるんです。
見た目は普通なのに、実は肥満だったなんて事が子供にもおこっているんです。子供のうちからそうなってしまうと、「生活習慣病」の危険性も出てきてしまいます。
無理に運動などさせるのではなく、食事などに気をつけるようにする事から始めた方がいいと思います。
子供は強制させられるのを嫌いますから、自発的にやっている事をしっかり見てあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です